www.acheinojapao.com

-

-

自動車を所有している人であれば分かっていると思いますが、自動車税が徴収されます。そしてこれはクルマ買い取り時に当然のように還ってくるのです。これについては現実に自分でやると理解できますが、でははじめから流れを分かりやすく案内していきます。事前に説明をさせて頂けば日本のメーカーの車に限らず海外の車等も還ってくる対象になってきます。もちろん車もそうですね。自動車税は車を持っている人が支払い義務を負う税で自動車の排気量の大小により決定されます。1リッターより低いなら29500円1リッターから1.5リッター以下までが34500円です。これ以上は500cc毎に5000円増えます。またこの税は4月1日現在ののオーナーが、来年3月までの税額を納めることになります。要は先払いということなので、もちろん車を引き取ってもらって所有者でなくなった際ではその分の金額は還付される事を意味します。この税は事前納付で以後一年分のお金を支払うからその翌年3月までの間にクルマを買い取ってもらったときは新しいオーナーがお金を支払わなければいけないということになります。買取先が買取専門店なら引き取り時に所有者が先払いしている分の金額を返還してくれます。要は所有権が移った際からの税金は新たな保有者が納税義務を負います。例えば10月の間に自動車を手放した時は、11月から翌年3月中までの払ったお金は戻ってくるのです。というのは、前述の通り自動車税は一年分を先払いしているという決まりによるものです。つまりあなたは売却先に税を返してもらうということです。業者を介さずにクルマを引き取ってもらう際に、意外とこのような知識に気づかない方がよくいるので、確認をとるようにすることです。自動車税が自動車を手放すと返ってくるということを意外に知っている人がいない事をいいことにそれを隠す悪質業者もいるのです。自分から自動車税の返金について話を切り出さなければ、全く税金のことに関して触れないというケースもたびたび見受けられます。そのためクルマの売却をする際には、払いすぎたお金が返ってくるか否かを確認することを怠らないようにしなければなりません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.acheinojapao.com All Rights Reserved.