年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込み

-

-

ローンした際、支払う時には利子を乗せた支払いになるのは誰もが知っていると思います。

銀行又は金融機関は経営の利益を目当てとした業者なのですから当然です。

しかしお金を支払う方は、少しでも少なく返金したいと考えるのが本音でしょう。

利息制限法が施行される一世代前は、年間30%近い利率を支払っていましたが、定められてからは高利率でも18%位といくぶん低く決められているので、とってもリーズナブルになったような気がします。

この頃の融資の利子範囲は4%位から18%位の間に決められていて、利用限度額により決められます。

利用上限額は借り主の信用度によって決まります。

総量制限により一年の収入の1/3までと決められていますので、年収がどの程度なのか?どういう職業についているのか?カードローンの利用履歴はどうなのか?いろいろ見られ与信額としてカードの内容が決まります。

カードキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各業者で使用可能額は同じではありません)と広い範囲があります。

そうしてその範囲の中で決定した利用できる額により金利も決まるのです。

50万円なら18%、300万円なら年12%、800万円なら年間4%といった具合になります。

いわば、信用度が高評価であれば、与信限度額も良くなり、利率も低くなるはずです。

この利息に疑問を抱くのは私だけでしょうか?余談になりますが、銀行又は金融機関にとって、それらは当たり前でしょうが、年収の多い人がお金の借入れの必要があると思えませんし、もしキャッシングしたとしても利息が多かろうが少なかろうがお金の支払いに追い込まれる事はないはずです。

反って収入良くない人は即座にお金が必要なので借り入れを行うという人がほとんどです。

利息が悪いと返済に苦労するはずです。

ですから使用可能範囲の低い人にこそ低金利で使えるようにするべきです。

この考えは使う立場としての意見です。

この事実を念頭に置くと、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、漠然と分ったでしょう。

事実、これから述べる方法で、手続きを申し込む人がほとんどなので知らせますと、カードローンの申し込みをする時、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みを行うのです。

年収450万円なら150万円。

年収900万円なら300万円でその審査で満額通ればその分利子が低いカードを手にすることができるのです。

と言ってMAXギリギリまで使用しなければならないわけではありません。

15万円でも30万円でも必要な分だけの利用ができます。

そして最高利用金額が300万円で最低利率年率7%位の金融会社もあるのです。

その業者に手続きをすればその金融会社の最低利率で利用できるはずです。

どうですか?やり方次第で低利子のキャッシングカードを手に入れることが出来るはずです。

自分自身の一年の収入とローン業者の設定を並べて、調査に時間を掛ければ、より望ましい状況で返済ができるので、きちんと調査するようにしましょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.acheinojapao.com All Rights Reserved.