自動車税の場合は

-

-

自動車重量税、通称重量税は国産メーカーの自動車もしくは外車という車の国やエコカー、ハイルーフ車等自動車のタイプに例外なく、ダイハツや等にも負担をしなくてはいけない税金のことをいいます。75-10-142

新車を登録するさいあるいは車検の時に支払わなければいけないものです。75-11-142

税額はそれぞれの愛車の車重によって決定されます。微笑みうつ病 チェック

「自動車重量税」と「自動車税」では完全に異なるものなのでしっかり理解して間違えないようにする必要があります。75-15-142

「自動車重量税というものは車の車重毎に」「自動車税とは総排気量により」その金額が違います。75-6-142

また、引き取りの時の扱いも違ってきますので注意が必要です。75-17-142

クルマを売却する際には既に支払った自動車の税額がどれだけ残っていた場合でもその金額が戻ってくるということはないのですが、一方で、自動車税の場合は、支払い済みの税額を売却額に乗せてくれる場合がなくはないですが、重量税に関しては上乗せになるという場合はあまりないのが現状です。75-13-142

重量税の場合は自動車の処分時に既に納めた額があるからと言って中古車の買い取り店にてそれが考慮されることはまずないものなのです。75-14-142

そのため次回の支払い要は次回の車検まで売却を保留し買い取りをお願いするという方法が一番良いです。75-19-142

車の引き取りの際は考慮してもらえない重量税ですが、特別なケースだと還付していただけることもあります。フケの原因と頭皮の対策

その時は、車検が残ったままの車を廃車処理する時です。

というのは廃車登録をした時に、残存期間に応じた額が返金されます。

ですが、売却の時はその車が廃車されるわけではないので返金されません。

さらに、愛車の名義の変更をしてしまった時や盗難にあった際も返金してもらうことはできません。

重量税が残っている期間がある自動車を売ることは、要するに車検の効力が残っているクルマということと同じです。

そういったことを買取側も計算に入れますから重量税の期間が残っていれば、買取額があがることでしょう。

もちろん、買取金額は店次第でまちまちなのですが、車検が残っているということを考慮していただければ自動車の査定額からみたらそこまで損をするということもありません。


Site Menu

75-16-142 75-7-142 75-12-142 75-8-142
Copyright © 2000 www.acheinojapao.com All Rights Reserved.